【もう迷わない】低身長メンズのワイドパンツは3つを意識すれば余裕

Syosinnsya

  

こんにちは、むるです。

あなた
ああああああああああ

本記事ではこんな悩みを解決していきます。

 

✔この記事でわかること
ワイドパンツを履きこなせるようになる
✔︎本記事の内容
□低身長メンズのワイドパンツは3つを意識すれば余裕

□低身長でもワイドパンツは履きこなせる理由

□まとめ

  

✔︎実際に本記事を書いている筆者は160cmしかない低身長男子です。

僕は最近ワイドパンツを使ったコーディネートしか組んでいないと言ってもいいほどワイドパンツ好きです。

そんな、服好きチビの情報であなたのコーデの幅が少しでも広がると嬉しいです☺

 

□低身長メンズのワイドパンツは3つを意識すれば余裕

 

あなたがもし、ワイドパンツを買おうとしている場合に意識して見る点は以下の3つです。

・スタイル

・サイズ感

・形

では、1つずつ解説していきます。

 

スタイル


これに関しては以下、2パターンの系統に振り切ってスタイリングするといいです。

  1. カジュアルスタイル
  2. キレイめスタイル

 

カジュアルスタイル

 
 カジュアルとは簡単に言うとパーカーやスウェットなどの比較的動きやすい、ストリート系のアイテムで組んだコーディネートのことです。

カジュアルなワイドパンツで代表的なのはジーンズが挙げられます。

もし、カジュアルアイテムのワイドパンツを使って組んでみようかなと言う方は、ジーンズのワイドパンツから挑戦するといいと思います。  

そんなパンツを選ぶ際の注意点として2つ押さえておきましょう。

 

 注意点

・トップスは大きすぎないようにすること

・ランニングシューズ、スポーツウェアなどのガチスポーツアイテムはNG

 

脚の長さよりトップス、つまり胴体部分の割合が多くなってしまうと、どうしてもチビに見えてしまいます。
トップスの丈の目安として長くても股間より下には持ってこないように意識して選ぶといいです。
また、ランニングシューズやスポーツウェアなどのスポーツ系のアイテムは、カジュアルアイテムに属しますが、それはあくまで運動するためだけに作られたものですよね。

Aa

例えばスニーカーとかTシャツ、ロンT、ダウンジャケットとか動きやすいけどスポーツするようなアイテムではないですよね。そんな感じです。

違和感を出さないためにも、先程言った2点を注意して選びましょう。

 

キレイめスタイル


 キレイめスタイルとは簡単に言うとスラックスとかシャツ、コートなどきっちりとした極端にいうと、スーツスタイルのことです。

 

カジュアルなワイドパンツで代表的なのはスラックスです。

そんなスラックスを使った、低身長にも似合うスタイルの1つとしてタックインスタイルがあります。
脚が短い人でも脚の見える範囲が増えることによって脚長効果が期待でき、スタイルが良く見えます。
僕もよく使っている方法でタックインするだけで印象が全然違います。

 
そんなタックインをする方法詳しく知りたいよという方は以下の記事を見てポイントをおさえるといいと思います。

 

そんなキレイめパンツの注意点として1つだけあります。

注意点

・紳士服売り場などスーツのパンツはNG

まんまスーツのパンツはほんとにただの仕事着になってしまいます。
そうならないためにも、紳士服売り場みたいな所で買うのではなく、普通のカジュアルもキレイめも両方売っているようなショップで買えば無難だと思います。

もしわからないようなら、店員さんに聞いてしまうのが一番早いと思います。

 

サイズ感


サイズ感に関して低身長が意識する点は

  • 足元にクッションを作り過ぎないようにする。

これだけです。

 
理由はクッションがあるだけでだらしない印象になるからです。

  
タックインとかだったら多少クッションができていても問題なかったりしますが、

低身長だとやっぱりサイズが基本大きくてクッションが全く溜まらないってアイテムって中々ないですよね。僕はいつもそうです。笑

低身長はサイズ感が命です。

まあいいかと妥協したくなる気持ちをぐっと抑えて低身長な分、細かいところに注意することが大切です。

 


何でも、初めて挑戦するアイテムは合わせやすいものを選ぶといいです。
では、おすすめはなにかというと、

・ベルトループがついた黒のスラックス系、ワイドパンツです。

理由としてはモノトーンのアイテムは基本的になんでも合いますし、低身長な分他の人より子供っぽい印象を持たれるので、スラックス系を選ぶことで大人っぽく見えます。

ベルトループとは何かというと、ベルトを通す部分の事です。

ベルトループがあればタックインをしたくなった時とかにも便利です。

というようにデニム系ももちろん、いいのですが初めてなら黒スラックスワイドパンツを選びましょう。

  

□低身長でもワイドパンツは履きこなせる理由

 

結論、身長よりもバランスが大事です。


どんなに身長が高くて、スタイルがいい人でも洋服の組み合わせや、サイズ感がおかしかったらダサいと思われます。
 

最低限の意識点として上記で言った3点を抑えておけば、理論的に組めていてバランスは取れているはずです。
 

「それでも周りに変な目で見られていそう」そう思う方もいるかと思います。

 
でも意外と気にしているのは自分だけかもしれませんよ。

 
なら、もしあなたが学生時代のアルバムを見て1番最初に探す人は?
多分自分ですよね。

 
親友を一日にどのくらい考える?
多分ほとんど考えないですよね。

 
てなかんじで、みんな自分中心で動いています。

極論、サイズ感さえあってれば大丈夫です。

そんなのは気にしている方がつかれるので、着たい服を堂々と着ましょう。

そっちのほうが楽しいです☺

何度も言いますが、身長よりもコーデバランスが大事です。

□まとめ

 

 
いかがだったでしょうか?

 
低身長がワイドパンツを選ぶときはサイズ感を重要視して、スラックス系のワイドパンツ選ぶといいです。
プラスで、無難コーディネートを組む際に意識する点として、シンプル+モノトーンのパンツを選んで全身もモノトーンで組むのがおすすめです。

 
物足りないなと思う方は+1色とかして徐々にレベルアップしていくといいと思います。

 
では、本記事をおさらいしておきましょう。

□低身長メンズのワイドパンツは3つを意識すれば余裕

スタイル
 カジュアルスタイル
 ・トップスは大きすぎないようにすること
 ・ランニングシューズ、スポーツウェアなどのガチスポーツアイテムはNG

キレイめスタイル
 ・紳士服売り場などスーツのパンツはNG

サイズ感
 ・足元にクッションを作り過ぎないようにする。


・ベルトループがついた黒のスラックス系、ワイドパンツです。

□低身長でもワイドパンツは履きこなせる理由
 身長よりもバランスが大事です。

以上です☺