【メンズ定番】夏コーデをする際の5つのポイント【2021年最新!】

Syosinnsya

どうも、むるです。

夏のアイテムを買おうと思った時、今の流行りがいまいち掴めずになんとなく適当に買っていたりしていませんか?

冬ならアイテムが沢山あって比較的コーデには困らないけど、夏コーデはアイテムが少ないから同じようなコーデになってしまいますよね…

そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

  • アイテム数が少なくなる時、どうやったらお洒落になるんだろう?
  • 夏コーデのトレンドがわからない…初心者におすすめな鉄板アイテムが知りたい 

ここではこんな悩みを解決していきます。

✔︎本記事の内容

□ 夏コーデをする際の5つのポイント
□ お洒落初心者でも挑戦しやすいアイテム5選


✔︎僕は直近過去2年で洋服に70万近く使っている20代の身長160cm低身長男子です。

□夏コーデをする際の5つのポイント

夏のコーディネートに困っている方はこの5つのポイントを意識してみましょう。

・小物を増やす

・明るい淡い色味のアイテムを使う

・黒色アイテムで全体を締める

・抜け感を意識してみる

・組み合わせのバリエーションを増やす

*小物を増やす

ここでいう小物とはアクセサリーやバック、腕時計などのことです。

なぜ、小物を増やすと良いのかというとアイテム数が増えることで必然的に大人っぽく見えるからです。

夏はアイテム数が寒い時期に比べて少ないので小物でアイテム数を増やしていくことが鍵になってきます。

冬は厚着な分、アクセサリー類はほぼ隠れますが、夏はどうしても肌の露出が多くなって子供っぽくなりやすいので、めんどくさがらずに小物類は積極的に取り入れていったほうがお洒落に見えると思います。

*明るい淡い色味のアイテムを使う

何年か前からトレンドカラーとしてきている色味をコーディネートに取り込んでいくとトレンドを押さえている感じが出ます。

実際にどんな色かと言うとこんな色です。

ニュートラルカラーと言われるこんな色や 

ペールトーンと言われるこんな色を使ってコーデを組むと夏らしい明るいコーデが組めると思います。

なかでもペールトーン色はトレンド色とはいえど、男には使いずらい色味もあるので最初は誰にでも合うようなニュートラルカラーのベージュを中心とした色味でスタイリングをすると馴染みやすいです。

*黒色アイテムで全体を締める

夏は明るい色味のみを使ったコーデも可愛いですが、大人っぽさ、落ち着きを出すために黒色のアイテムをコーディネートに加えるといいです。

白は膨張色で黒は収縮色であるように、明るい色味で膨張した色を黒で抑えるイメージです。

例えを出すとするなら、プチプラブランドでよく見かけるペールトーンのセットアップ中に白Tだけのスタイリングがよくあると思います。

それだけでは味気ないな、そんな時に黒色のショルダーバッグを入れ、靴も真っ黒にする。

全体の明るい色味をダブルブラックで挟むことで統一感が出ると共にスタイリングを締めることができ、周りとは一味違う大人っぽさがでると思います。

*抜け感を意識してみる

これまどういう事かというと色が暗い印象になってしまった時に形が夏っぽいアイテムを加えたり、肌が見える部分を増やしたり、夏っぽさをシルエットで出すと言う事です。

夏でも暗い色味のアイテムでコーデを組みたくなる時だってありますよね。ですが、色が暗い分どうしても季節感が感じられなくなってしまいます。

そういった時に必要となってくるのが、夏を連想させるアイテムです。

例えばトップスもパンツも黒で、靴も革靴でオールブラックだったとします。これだけでは夏を感じさせることが難しくなってきますよね。

ですがここにクリアバックを差し込んであげたり、革靴を黒のサンダルに変えてあげたりするだけで、オールブラックだけど、季節感が感じられるコーデになってきます。

また靴が革靴でも、靴下を革靴から見えないくらいの浅い靴下に変えて、足首が見えるようにするのも涼しげが出て夏らしい印象になります。

このように、全体が暗くなってしまった時は夏のアイテムをどこかしらに取り入れたり、肌が出る場所を増やしてあげたり、どこか夏のイメージを連想させることが重要になってます。

*組み合わせのバリエーションを増やす

夏はアイテム数が少なくなる分タックインをしてバリエーションを増やしてみましょう。タックインというのは要するに入れパンです。

なぜすると良いのかというと足が長く見えたり全体的にスッキリして見えるからです。

コツとしてベルトがinしたトップスが隠れるか、隠れないくらいかしっかりたるませておきましょう。たるみがひとつもないと逆にダサく見えてしまいます。

ですが、今までやったことない方や足に自信がない人なんかは恥ずかしいと思うと思います。では、前部分だけ入れて後ろは全部出しておしりとおしり横を隠すようなタックイン方法からやっていって、自信がついてきたら全部入れてみる。といった徐々にスタイリングの幅を広げていきましょう。

そうすることで他のスタイルにも挑戦できるようになり、お洒落さんの道に近ずいていくと思います。

□ お洒落初心者でも挑戦しやすいアイテム5選

どんなアイテムかというとこの5種類です。

・白T

・オープンカラーシャツ

・ワイドパンツ、ワイドデニム

・小物類

・黒サンダル

*白T

夏の定番着回し最強アイテムです。

理由としては清潔感があって爽やかな印象を与え一枚でも決まりますし、白Tと組み合わせて喧嘩するあアイテムは無いと言っても過言ではないです。何枚持ってても良いです。

一枚で決めるなら自分の肘が隠れるくらいのオーバーサイズが今っぽいです。

インナーとして着るなら小さすぎず、大きすぎずくらいがベストです。

*オープンカラーシャツ

白Tだけでも十分かっこいい清潔感のあるコーデが組めるますが、それでは少し味気がないので、味気を出すためにはためにはどうすればいいかというと、次に数年前から夏の定番シャツの形となっている、オープンカラーシャツを使うとコーディネートの幅がグッと広がります。

別名‘’開襟シャツ‘’とも呼ばれています。オープンカラーシャツとは簡単にどんなものか説明すると、襟にボタンがなく、外側に折られているようなシャツのことを言います。

カラー展開も豊富で夏の定番の形なのでどこのブランドに行っても必ず置いてあります。

 ・一枚で閉じてきる

 ・閉じた状態でタックインする

 ・白Tの上から羽織る

 ・白Tをタックインしてその上から羽織る

こんな感じで、シンプルで綺麗めアイテムなのでスタイリングの幅が広く着回ししやすいです。

*ワイドパンツ、ワイドデニム

最近のトレンドとして黒スキニーよりワイドパンツの流れがありますし、風がよく通るので涼しいのと動きやすいです。

着回ししやすいのだと綺麗めアイテムであるスラックスタイプだと使いやすいです。

夏は何度も言うようにアイテム数が減ってくるので、カジュアルアイテムと綺麗めアイテムの比率が大事になってくるからです。

着回ししやすいカラーとしてはやっぱり黒ですが、トレンドカラーとして白のワイドパンツが流行ってるので挑戦してみても全然違和感なく、馴染んでくれると思います。

夏といえばジーンズのイメージがありますが選ぶなら、トレンドのワイドタイプのデニムがいいと思います。色はライトブルーくらい明るい方が夏らしさが出ます。

*小物類

ベルト

夏のタックインスタイルで見えることが多かったりするので、ベルトはあって損はないです。

 

ショルダーバック

先程黒を締め色として使うという話をしましたが、そのアイテムがレザー素材だとより合わせやすくなります。レザーのイメージとして男らしさがあるので大人っぽさを出すにはぴったりなレザータイプのものがダントツおすすめです。サイズは大きすぎると主張が強くなり、悪目立ちするので、大きくても財布とキーケースと携帯がギリ入るくらいの小ぶりなものを選ぶとより良いです。

腕時計

アクセサリー類は苦手だなと思う方は腕時計から入ってみましょう。

腕時計でもシンプルで綺麗めアナログ腕時計タイプのものを選ぶとコーディネートに落とし込みやすくなります。

腕時計の鉄板ブランドといえばダニエルウェリントンです。

僕持っていますが、値段も言うほど高くなく、2年保証も付けられるたりするので安心です。

その中でもオススメなデザインを紹介しておきます。

daniel wellington

リング

ゴツめの男らしいサイズのものが良いと思います。

色はシルバーとゴールドがありますが、シルバーリングの方が出回っていて種類は豊富なので自分が好きな形が見つけやすいです。安い数百円のものが売ってたりしますが、使っているうちにすぐボロボロになったり、シルバーの塗装がしてあるだけなので塗装がはげて指に色が映ったりすることがあるので、だったら最初からちゃんとした素材のものを買う方が良いです。

ネックレス

ネックレスは小物の中で1番優先順位は低めですがあって損はないアイテム。

最近、パールネックレスが流行り始めていますが、まだ世の中に浸透してないのもあり、うまく合わせないとネックレスだけ浮いてしまう可能性があるので

初めは主張が激しすぎず弱すぎないチェーンネックレスが合わせやすくスタイリングに馴染みやすいと思います。

 

*黒サンダル

先程行った夏っぽさを出すためには重要なアイテムで、色は無難に柄のない真っ黒が着回し抜群で、ソールが少し厚めのもので身長アップです。以下に例を挙げておきます。

おすすめ黒サンダル

以上です!