【探し方】センスのある美味しい店を見つける”ハズさない3つのツール”

life hack

   

  

どうも、むるです。

 

あなた
スマートに、さっと決めたい

店が色々ありすぎて選べないし、センスのいいお店を選びたい。

たくさんあるお店選びで失敗したくない

こんな悩みを解決します。

今回紹介する方法を実践すれば、お店選びをさくっと選べるようになり、「実際に行ったら想像と全然違った…」なんてことは基本的になくなります。

本記事は、メンタリストDaigoさんも利用している心理学を使った、良いお店の見つけ方を紹介していきます。

✔本記事の内容
センスのある美味しい店を見つける”ハズさない3つのツール”

“ハズさないお店選び”の方法

心理学に基づいた””超”決断力”

センスのある美味しい店を見つける”ハズさない3つのツール”

ネットで検索をかけた時に最初に目にするグルメサイトは、かなり大量の店がある上に、店の詳細ページもどれも良さげに書かれていて、かなり迷いますよね。

そんなお店選びはネットではなく、とことんSNSを使うといいです。

そんな、検索ツールとして3つあります。

  

1つ目:Google Map

何故良いかというと、理由として4つあります。

  

そのお店の”生の評価”がわかる

例えば、あるお店を調べたときにそのお店の概要を見てもらうと口コミがあります。実際に訪れた一般客の方の本音が書かれているので、悪かった所も正直に書かれています。

その点、グルメサイトとかは情報操作されてたりするので、そういう口コミより信頼感がありますよね。

  

写真でお店の外装や周りの雰囲気もつかめる

先ほどと同様に信頼性のある、一般客が撮った写真があるので、

ホームページとかには載っていない、実際のお店の雰囲気やメニューが知れちゃったりして実際に訪れた時のお店へのギャップがなくなります。

  

自分が今いる場所や行こうと思っている場所付近のスポットを調べられる。

グーグルマップ上に写っている範囲内で、お店やスポットなどが簡単に検索が、かけられるということです。

例えば、自分が今いる場所から歩いて10分圏内の焼き肉店を知りたい場合

自分を画面の真ん中に持ってきて、画面を縮小、拡大する。

”焼き肉”で検索をかける

こうすることで、今あなたがいる位置から見た焼き肉店がズラッと出てきます。

行こうと思っている場所付近を調べる時も同様です。

  

気に入った場所や、いきたい場所にピンがさせる

ピンを刺すことによって、いきたい場所が明確化されて、自分だけのグルメ、スポットマップが出来上がります。

例えば、あらゆる場所の当たりな店にピンを刺しておけば、急な店決めに迫られてもグーグルマップでピンを刺してる当たりな店に行けばいい。

みたいなスマートな店決めができます。

ついでに、マップとして使えば店から店への移動の順番も効率的に決められます。

  

2つ目:Instagram

インスタグラムはかなり有名なので、あまり多くは語りませんが、簡単に言うとするなら、

良い点として、

投稿形態が、写真メインなのでそのお店の”映えて”うまい”ものが一目瞭然という点です。

  

機能面では以下の通り。

  

#でその場所の食べ物を絞れる

例えば、渋谷付近で探したい場合、

#渋谷グルメ、渋谷ランチ、渋谷ディナー、渋谷カフェ

みたいな感じで#(場所)(用途)で調べる。

もっと絞り込みたい場合、例えば#渋谷焼き肉、#渋谷イタリアンみたいな

#(場所)(食べ物のジャンル)で調べると良いです。

  

そのままマップに飛べる

そのままグーグルマップに飛べるので、

グーグルマップの口コミも確認できる上に、ピンもさせるので同時に確認しておくと効率的な店の探し方に繋がります。

  

3つ目:Tiktok

結論から言うと、動画だからわかりやすくて即決しやすいです。

3つの中で一番やる人が少ない調べ方です。

正直、この方法がなにげに一番効率良く、おしゃれな店を見つけられると思います。

理由としては3つあります。

ギャップがない

店の雰囲気をつかみやすい

穴場スポットが見つけられたりする

投稿形態が動画なので一番、想像と実際に行った時のギャップがないのが特徴で、写真より店の雰囲気がつかみやすく、おしゃれな店を調べるツールとして使う人も少ないので案外穴場な店を見つけられたりします。

欠点としてはインスタグラムほど、投稿がない、というところですが、投稿の質は割と高かったりするので、おすすめです。

使い方としては、基本的に、Instagramと一緒の検索のかけ方でOKです。

“ハズさないお店選び”の方法

良いお店を選ぶ際に、必ず見るべき点として4つあります。

内装がおしゃれか、ホームページはあるか

Google Mapの口コミと星の数

営業時間

車で行った場合、近場に駐車場はあるか確認

とりあいず、この4つを押さえておけばOKです。

理由としては、

・内装やホームページにお金をかけて作り込めるということは ”それだけ料理にもこだわっている” と思ってもらえるといいと思います。

プラスαで、Google Mapで生の口コミと、駐車場、行ってから休業日だったっていう悲しいことが起きないように、営業時間を必ず確認しておきましょう。

上3つのツールの効率的な使い方

3つのツールを上手く使う方法の1つとして僕が普段、実際に調べている方法を書いておきます。

Tiktok、Instagramで探す。

良さげな店を見つけたらGoogle Mapに飛ぶ

Google Mapで大体の場所を把握しつつ、口コミ確認、ピンをさす。

  

心理学に基づいた””超”決断力”

”いつも探すのに何時間もかかっちゃう”正直、悩みすぎてもただ時間がすぎるだけです。

・悩みすぎてすぐに決断できないあなたは部分完璧主義者です。

メンタリストDaigoも実践している、アリス・ボイス博士の研究を元に、いい店を即決できるようにするための方法を紹介しておきます。

「最高なもの」を選ぼうとするのではなく、「最善なもの」を選ぶ

どういうことかと言うと、あなたは最高な条件のものを求めすぎてしまっていて、あれもいい、これもいい、みたいな本当に今、必要なものを見失っているということです。

ではどうすれば良いのか、案外簡単な方法で解決できます。

  

”最善なもの”を選ぶ方法

状況に応じて、今自分にとって重要視したい点をいくつか決める

その条件が満たされないものは弾く

”おしゃれなお店” を探してる。だけではすぐに決まりません。

なら、絞り込むために条件として ”ドライフラワーがあって、ケーキが美味い店” という条件を作って探して、それに当てはまらないものは弾くようにすれば、あれこれ悩まずにすみます。

こうした、必要な条件を明確化して探すと、優柔不断にならずにササッとスマートに決められちゃいます。

結局、考え込んでも行ってみないとわからない所もあるので、”最高なもの”より”最善なもの”を選びましょう。