【経験談】皮膚科で貰えるニキビ薬【つるつる肌になる方法を教えます】

Biyou

  

こんにちは、むるです。

あなた
ニキビに悩んでいて、市販薬とか試して使ったけど、ほぼ変化がないから
皮膚科でもらえる薬が知りたい。
そもそも、皮膚科で良くなるの?

  

私もニキビが出来やすく、常にかどこかにニキビがある状態の肌でした。

そんな僕が皮膚科に行ったことで、ニキビが無くなり、自分に自信が持てるようになりました。

  

一応、参考程度に私の顎下ニキビが荒れてる時と、治った後の写真があります。

ここにデカデカと貼るのは気分を害する方もいると思うので、気になる方は下のリンクを飛んで見てみてください。

こんな感じで治すことができています。

  

本記事を書いている私は、効果の高い処方をしてくれる皮膚科を探して4箇所受診し、きれいに治った経験から書いています。

   

✔本記事の内容
○皮膚科で貰えるニキビ薬

○ニキビをなくして綺麗な肌を手に入れるには

○皮膚科を効率良く受診する方法

皮膚科で貰えるニキビ薬

僕が実際に計4箇所の皮膚科に行って処方された薬は簡単に言うとこんな感じです。

・塗り薬

・飲み薬

✓ピーリングパック

✓保湿剤

患部に塗る塗り薬や飲み薬などは3箇所の皮膚科でよく処方されるので詳しく気になる方はこちらの記事を見ておけばいいと思います。

患部に塗る塗り薬や飲み薬などは3箇所の皮膚科でよく処方されるので詳しく気になる方はこちらの記事を見ておけばいいと思います。

✓ピーリングパック、保湿剤に関しては、紹介している記事がないので簡単に紹介しておきます。

お風呂前に塗って、15分おいておくピーリングパック

実際のものがこちらです。

この薬の能力(親水クリーム‹ ホエイ ›+サリチル酸‹ ケンエー ›)

・固くなった角質を柔らかくする。

・毛穴をつまりにくくする。

私は、これに出会ってからニキビが格段に出来なくなくなって、ニキビがなかったと言っても過言ではないくらい肌が綺麗になりました。

保湿剤

実際のものがこちらです。

この薬の能力(ヘパリン類似物質)

・保湿の他に、血行を良くしてくれる効果がある。

スプレータイプの化粧水です。

市販薬と皮膚科の薬の違い

・効果が断然高いが、薬の副作用が出たりする。

市販薬はニキビに効果がある成分を入れられる量が少なく、法律で定められているがゆえに、効力が弱いです。

ですが、病院では症状を見て医師の判断になるため、より強い効果が出るものを処方してもらえるので、治るのも早いです。

ですがその分、乾燥感、赤み、かぶれ、かさつきなどの副作用があったりします。

その副作用、嫌だなって思う人がいると思いますが、一時的なものだったり、出る出ないも人によりますし、副作用を怖がって、治療しなければずっとニキビに悩まされることにもなります。

ニキビをなくして綺麗な肌を手に入れるには

・菌を殺す。

・固くなった角質を柔らかくし、毛穴づまりをなくす。

これらの薬は市販では中々、得られない能力ですよね。

ニキビは、固くなった皮膚に過剰分泌された皮脂が詰まって、そこに常在菌であるアクネ菌が感染して炎症をおこしている状態です。

皮膚科ではこの2点を潰すような薬があります。

皮膚科に行くことによって得られる効果

  

メリット
・自分のニキビのタイプに合った、治療ができる。

・保険治療対象。

・ニキビのストレスから開放される。

デメリット
・通わないといけない。

・皮膚科にも当たり外れがある。

行くも行かないもあなたの自由ではありますが、

肌荒れをそのまま放置していれば、ニキビ跡として蓄積されて、美肌への道はどんどん遠ざかります。

  

正直、肌のことについて悩んでいる今行くのが最速です。私は行っといてほんとに良かったと思っています。 

皮膚科を効率良く受診する方法

病院って待ち時間長いし、行くのが面倒くさかったりしますよね。

その中でも効率よく診察を済ませる方法はあります。

・診察が始まるより前に予約番号を取る。

予約の仕方はネット予約、電話予約、実際に行って取るなど、皮膚科によってシステムは様々です。

ですが、これをするだけで、待ち時間がかなり短くなります。

実際、どのくらい違うのかと言うと、私の体感になってしまいますが、

予約なし
2時間くらい待ち時間がある。
予約あり
・15分~40分くらいで終わる。

こんな感じで、全然違います。

てな感じで、行く際は予約してから行くことをおすすめします。

値段

・だいたい診察料が千円前後で、処方薬が千円~2千円くらい。

もちろん、皮膚科によって変わりますし、処方される薬の量でも変わりますが、大体このくらいが相場だと思います。

頻度

・2週間に1回の頻度で通う。

薬の効果がちゃんと出ているかの肌の状態の確認だったり、

1回の診察で出せる薬の量が決まっているというのもあり、一気にまとまった量を処方できない点からきています。

  

まあ必ず2週間に1回も行かないといけない。ってわけじゃないんで、そのへんは自己判断でいいと思います。

皮膚科の選びかた

・周りでその皮膚科に行って治ったっていう口コミを元に行く。

・1回の診察でもらった薬で自分が満足する効果が得られたかどうか。

この2点が判断基準かなと思います。

口コミをもとに行けば、ニキビ治療に強い皮膚科っていう事がわかりますし、

ニキビ治療に強い皮膚科は、1回の処方で満足するような効果が出ます。

満足できなかった場合は即、皮膚科を変えたほうが良いです。

その皮膚科では、それ以上の効果が見られることはないです。