【仕事やりたくない】工場勤務にやりがいを求めるなら、チャレンジが良い理由

Jinnsei

  

こんにちは、むるです。

僕は、現在ブログ運営とプログラミングの勉強をしていて今年の春までに転職をする、工場勤務4年目の21歳です。

僕も、日々似たような日々の繰り返し…惰性で生きる毎日に消耗していました。

あなた
「やりがいなんてないし、同じことの繰り返しで頭おかしくなりそう…」

「このまま工場勤務を続けても良いんだろうか…」

「やりたいことは特にないし、どうやって自分にあった仕事を見つければ良いんだろう?」

「給料も少ないな」

こんな悩みを抱えているあなたに向けて、少しでも人生の選択肢の1つにでもなればいいなと思い、本記事を書いています。

✔本記事の内容
工場勤務にやりがいを求めるなら、チャレンジが良い

工場勤務に疑問を持った時点で行動する

やりたいことがないのは、世界を知らないから

給料が少ないなら、思い切って職種を変える

工場勤務にやりがいを求めるなら、チャレンジが良い

数々の有名人や成功者が必ず、口を揃えていうのは「行動しろ」です。

ですが、急に行動しろと言われても何からしたら良いかなんてわからないですよね。

気になったことを片っ端からやってみる

コツとしては小さく始めることです。

小さく始めれば、失敗した時のダメージも少ないですし、向いてないと思ったときにすぐに辞められます。

小さく始めるものがないって方に、個人的におすすめなのは、IT系です。理由としてはpcさえあれば場所を選ばずできるからです。

でも、大半の人はここで最初の一歩をなかなか踏み出せずにズルズル引きずって先延ばしにしてしまいます。

すぐ行動に移せる人はなかなかいないです。

とは言いつつも、すすめていきます。

微妙でも、分岐して新しい道が見つかる

挑戦したことが、微妙でもあなた自信に与える影響は、メリットしかないです。

もし、あなたがなにか始めたとして、上手くいかなくても得られる大きなメリットが2つあります。

・少しでも行動した人はその分野の知識やスキルはなくならないし、何もしてない人より何倍も人間としての価値が上がる。

・小さく始めたこときっかけで、思わぬ、新しいやりたいことが見つかったりする。

これは僕も実際に、実感した2点です。

工場勤務に疑問を持った時点で行動する

工場勤務を続けていいのだろうか…と思ったそこのあなた、その時点で死ぬ間際に「いい人生だった」なんて言えません。

工場勤務者は2パターンの考え方に分かれる。

あなたの周りの、上司や同期、後輩、友人でこんな考え方をしている人はいませんか?

・何も考えずにただ淡々と作業をこなすほうが、楽でいい。

・同じような作業をこのまま一生やるって考えたら、頭おかしくなりそう。

この2パターンの人の考え方に分かれると思います。

疑問を持った時点であなたは後者の人間

本記事をここまで読みすすめている人は間違いなく、後者です。

僕も後者の考え方の人間で、工場でずっと働いていてもメリットないなと思ってしまいました。

そのままにすればメンタルが日々削られるだけ

現状あなたは今、こんなふうに考えていないですか?

あなた
「出会いも、新しいこともなにもないし、同じような毎日の繰り返し。
正直つまんないなー」

そう考えている時点であなたは優秀です。

なぜなら、自分を伸ばすことができる可能性を秘めているからです。

やりたいことがないのは、世界を知らないから

「やりたいことがないんだよな」って言う人は基本的に何もしていないし、何もしたことない人です。

考えてみてください。なにもない所からに何かを生み出すのは、正直言って天才でもない限り、無理ですよね。

やりたいことを見つけるためには、自分がしたことのない、知らない分野を見てみるというのが最速です。

新しく何かを始めるのはちょとだるいです。

新しく何かを始める時、不安要素はたくさんありますよね。

ですが、ある成功者の言葉でこんな言葉があります。

例えば作文を書く時、めんどくさいけど一行だけ書こうかなって思って書き出すと、続けて一行以上書いてしまいますよね。

どんな不安要素があろうとも、最初の一歩を踏み出してしまえば続けてできる。ということです。

言霊は存在する

言霊は、発せられた言葉どおりの状態を実現する力がある。という、言葉に宿と信じられた霊力と言われています。

誰でも新しいことをするのは怖いです。

新しいことを始めるのは先程も言ったように、何かと不安要素が多いですよね。

ある人の言葉でこんな言葉があります。

・人は他人より、自分の言葉に影響を受けやすい

要するに、自分の発した言葉に洗脳されやすいということです。

僕はなにか不安になった時、些細なことでもこの言霊を使います。

僕もたまに、「自分は上手く出来ないかもしれない」と思うことがあります。

そこで言霊の力を使う

そんな宗教的なものとか、呪われるとかはないですよ笑

やり方は超簡単です。

今から言うことを実際にやってみてください。

「自分ならできる、〇〇なんて余裕」って口に出して何回か言うだけです。

ちょっと楽になりませんか?

最初はみんな上手くなんてできないです。

言霊を使って自己洗脳して、あたかも自分ができる人間に先にしてしまうのは有効です。

給料が少ないなら、思い切って職種を変える

給料が少なくて、遊ぶお金や一人暮らしとか全然できそうにないって悩んでいる方も多いと思います。

ですが、一度試しに転職アプリとか入れて見てみてください。今の自分より給料が良い企業なんていくらでもあります。

2〜3年いれば会社の全体像が見える

実体験ではありますが、最初は業務を覚えるのにいっぱいいっぱいですが、仕事になれてくると会社の全体像が見えてきます。

工場勤務はどこも基本的に年功序列です。

僕は元工業生で学園生卒ですが、特に学園生ブランド効かず、周りの工業友達、学園同期に聞いても「年功序列だ」と言っています。

お金を気にする生活はいつまでたっても変わらない。

正直お金ないと苦しいですよね。わかります。僕もそうです。

もうちょっと我慢したら夜勤になるとか、部署が変わる…とかそういう漠然とした希望を抱えている方もいると思います。

可能性の話を待っていても上司の気まぐれでなくなる

実際僕もそうでした。

そういった点を踏まえて、待つんじゃなくて、自分から動こうと思い転職を決めました。

今後の僕はそういった転職前、転職後の不安悩みを本ブログに書いていこうと思うので、よかったら気にかけて見にきてください。

少しでもあなたの人生の手助けになれればいいなあと思って本記事を書いていると同時に、自分に再認識させるためにも書いています。

以上!