【保証】好きな白tシャツを乳首透けを気にせずに選ぶ方法【メンズ夏対策】

Osyare

皆さんは白tを着たり、選ぶ際にこんなコンプレックスを抱えてないですか?

 

  • 好きな白tシャツを着たいけど、乳首が透けるし乳首が立った時にわかりやすいのが嫌だな
  • インナー着てもいいけどインナー透けしたり、夏は厚着すると暑いのがちょっと嫌だな

こんな悩みを本記事では解決していきます。

 

✔︎本記事の内容

 

□好きな白tシャツを乳首透けを気にせずに選ぶ方法
□暑い夏をインナー無しで乗り切る方法
□まとめ

 

✔︎ 僕は直近過去2年で洋服に70万近く使っている20代の身長160cm低身長男子です。僕も胸板が厚く、乳首が透けやすい方なので日々いい方法はないか研究していて、その中でも良かった方法を紹介します。

 

□好きな白tシャツを乳首透けを気にせずに選ぶ方法

結論から言うと正直、インナーを着るしかないです。

乳首が透けが、わかりすい人とわかりにくい人は体の作りで決まっています。

乳首が透けやすいのは変えようがないので、そういうもんだと受け入れてそれをわかりにくくする方に尽力していきましょう。

でも、生地が薄めなのはわかっているけどそのtシャツの形やプリントが可愛かったりしてどうしても着たい!と思う時がありますよね。

そんな時おすすめなインナーでの解決方法を紹介します。

・良質インナーを選ぶときに意識すべきこと

・実質0円!今持っているインナーを加工する方法

・良質インナーを選ぶときに意識すべきこと

意識点としてはこの4つです。

 

・薄さ
・形
・色
・サイズ感

  

インナーを近々、買おうと思っている人は必ず意識して選んでみましょう。

この4つを意識して選べば、乳首透けもインナーを着ていることも、気にならないようになると思います。

そんな要素を押さえているインナーがユニクロにあり、名前は‘’エアリズムマイクロメッシュVネックT‘’です。

実際に写真を基準に、先程言った意識すべき4点を紹介していきたいと思います。

薄さ・・・厚すぎず薄すぎずで、写真のように手をかざしたときにギリ透けるかなーくらいがいいです。理由としてあまり厚すぎても暑くなったり、ごわつくからです。

 

・・・首元や袖口からインナーが見えない形が1番いいです。

この写真のものはvネックになっていると同時に、折り返した縫い目がないのでtシャツやシャツの下に着た時、インナーが他のものと比べて、見えずらくなっていていいと思います。

ですが、tシャツの下に着た場合、肩側からはたまにはみ出てきたりします。

それ以外は申し分ないですが、どうしても気になるという場合はレディースのインナーを買ってみるのもいいと思います。

 

・・・ベージュを選ぶのがいいです。なぜかというと白や黒などを選んだのならインナー着てる感が出るので、肌の色に1番近い色であるベージュはインナーバレしにくいからです。

 

サイズ感・・・多少ゆとりがあるサイズ感を選びましょう。ピチッとしていると風が通らなくて暑い上に、tシャツはゆとりがあるのにインナーがキツかったら違和感を感じると思います。

 

・実質0円!今持っているインナーを加工する方法

やり方は至ってシンプルです。裁ちバサミでtシャツから見えやすい下着tシャツの部分を切るだけです。

 

先程上で挙げた4つの点の中で今持っている下着シャツで変えられる点があるとしたら、‘’形‘’です。

 

「今、金がないから下着の優先順位が低い」だったり「なんかこの下着tシャツはtシャツの下に着るとはみ出たり、折り返してある縫製の部分が目立つから嫌なんだよなー」って思う下着を持っている方はいると思います。

下着が1枚しかない人なんていないと思うので、そう思う下着は思い切って加工してしまいましょう。

着ずに乳首透けや、乳首が立つのが目立つよりは断然いいですよね。

切る箇所としては持っているシャツから、はみ出る場所である袖口、首元です。

大体そこには、折り返しの縫い目もあることが多いので、その縫い目の印象も減らせて一石二鳥だと思います。

 

「切ってる感が出そうじゃない?」「すぐヨレる?」そんな風に思うと思います。

切ってる感に関しては意外とバレないですし、切る前より下着シャツの印象も薄くなります。

ですが、その下着一枚になった時は流石にバレるので、脱ぐ予定があるときはその下着はできるだけ着て行かない方がいいです。笑

ヨレに関しては干しているうちに段々、伸びてオフショルダーみたいになってくるので、あくまでお金がない時期の応急処置みたいな感じで使うといいと思います。

思いきって最悪捨てても良いくらいの感じで、試しに切ってみてはどうでしょうか?

 

□暑い夏をインナー無しで乗り切る方法

どうしてもインナー着たくないなという方や乳首がインナーを着ても目立ってしまうという方の場合はtシャツを買う前に以下の2つを意識して選んでみましょう。

・生地が厚いtシャツを選ぶ

・黒tを選ぶ

・生地が厚いtシャツを選ぶ

・生地が厚いtシャツを選ぶ

まず初めに、生地が厚いtシャツを選ぶ際のメリット、デメリットを紹介しておきます。

 

メリット

乳首が透けている心配をしなくていい

下着なしの一枚で楽しめる

下着を着ている時より風がよく通る

 

デメリット

風通りはいいとは言えど、やっぱり生地が厚い分、暑い

ドレープ感がなく見た目の高級感がなくなる

生地が厚いtシャツはなかなか売っていないので、白tバリエーションが限られる。

※ドレープ感・・・揺らした時や風が吹いた時にゆらゆら揺れやすく、風になびきやすいもの

ラフでシンプルな感じの白tがいいという時の僕のおすすめは定番の‘’ユニクロUのクルーネックT‘’です。

サイズを自分の用途によって変える感じで選ぶといいと思います。

厚さの参考として左に写真を置いておきます。

厚手で乳首透けも全くなく、ガシガシした素材感なので乳首の輪郭透けもない上に、一枚でサラッと着れます。ワンシーズンぐらいだったら洗濯しまくっても首元がヨレる事はないです。

もし、ネットで白tを買おうと思っている方なんかはtシャツの‘’オンス(oz)‘’を見て決めましょう。オンスというのは生地の厚さの基準のことですがこの数字が大きければ大きいほど厚いと言う事です。

では、どれくらいのオンスがいいのかというと、6オンス以上のものが良く、先ほども言ったように生地感も少し硬めのものを選ぶといいと思います。

例えばこんな感じのもの。参考程度でもいいので見てみてください。

7オンス厚手おすすめTシャツ

このtシャツは7オンスで先ほど挙げたユニクロtシャツより分厚い上に、カラーバリエーションも今のトレンドカラーである、ライトブラウン、カーキブラウン、グレージュと絶妙なカラーリングで可愛いです。

  

・黒tを選ぶ

正直、黒tを持ってない人は損してると思います。

黒tは普段、白tでこの薄さのtシャツを選んだら、確実に乳首が透けるというtシャツを選んでも、色のおかげで全くと言っていいほど透けないからです。

先程紹介した白tより断然薄いですが、写真でわかる通り、薄くても色が黒いだけで全く手が透ける感じがありません。なので、黒tはかなり買いだと思います。

自分の好きなデザインやシルエットなどがあっても乳首が透けるのを気にして買えなかった人も黒tなら、気にせず選んでいいと思います。

ですが欠点として、白tより太陽の熱を吸収しやすく、インナー着るよりは暑く無い方だと思いますが、若干暑かったり季節感が出しずらかったりします。

なのでおすすめの方法として

デザインとかシルエットを重視したいときは黒t
季節感を出したい時や他のアイテムのサブ役として使いたい時は白t

みたいな感じで目的によって変えてみるといいと思います。

 

□まとめ

いかがだったでしょうか?

よく、街中を歩いていると乳首が透けていたり、輪郭がわかってしまうようなtシャツを着ている人がいます。

意外と見られている上に、それだけで印象が最悪なので今回言ったことを意識してtシャツ選びをしていきましょう。

では、本記事の内容をおさらいしておきます。

□好きな白tシャツを乳首透けを気にせずに選ぶ方法

・良質インナーを選ぶときに意識すべきこと

・実質0円!今持っているインナーを加工する方法

□暑い夏をインナー無しで乗り切る方法

・生地が厚いtシャツを選ぶ

・黒tを選ぶ

以上です!